歩んできた仲間との集い

明日一次公認の返上を幹事長の真下誠治さんあてに提出します。
昨晩、館林から利根、吾妻、多野・・お出かけくださった皆さんから、
様々な意見を頂きました。どれも身にしみます。
一緒に歩いてきた仲間の思い。全てが真実だから、私の心に刺さります。
「何ができるのか。」「何をするために私は存在するのか?」こんな基本的なことを考える時間をもらいます。
朝日新聞さんに「地域審議会・・新エネルギー・・」と公約めいた事が記載されていますが私の発言ではありません。2015年の知事選挙のコメントも会場での発言ではありません。
「やるべき論理的な目的と目的達成への手段」こそ私たちが問われている事です。この件は後日、きちんと書きます。
今日は太田から高崎と前橋、そして高崎、前橋と回ってきました。
午後1時半から前橋テルサで行われた東レの佐々木常夫さん講演の
ワークライフバランスセミナーを聞かせてもらいました。
会場が満員で驚きました。実行委員長の挨拶がとても新鮮だったことが印象的です。
佐々木さんの講演メモは後日アップします。


寒い朝。しみじみ思う。

朝9時から衆議院の候補者公募の書類審査。
提出された小論文を読むとどの応募者の方からも意欲を感じました。
自分の事務所に戻り書類整理。
暖房を入れても、なかなか暖まらない。
倉庫から灯油ストーブを引っ張り出したら、灯油が空っぽ。
灯油の配達を頼んだら50l以上とのことです。
あれ~!財布には3000円しかない。
買いに行くにも自転車しかない。
ダウンジャケットで書類整理します。
お日様を恨んでも仕方ないです。
ホームレスや車のない世帯などこの寒空に大丈夫だろうか?
身に沁みる今日です。
ps
山本龍個人のウェブもリニューアルしました。
中身のツリー構造も16年間の付け足しの連続で
カオス状態でしたので、キレイにしました。
この作業にボランティアで取り組んでくれた皆さん。
有り難うございました。


中曽根弘文さんの国会質問

自民党本部で環太平洋経済連携協定(TPP)に関する今年初めての対応検討会を開いたが、TPP参加に賛否で意見が割れているらしい。割れるのも当然です。グローバル経済か日本孤立かの選択です。私は孤立に道も覚悟があれば乗り切れるとも思っています。
グローバルは素晴らしい!それは誰の幸福か?アメリカになることの幸せ?
勿論20兆円を儲けねば、14兆円のエネルギーと5兆円の食料が買えない。
暖房もなく、車も動かない、食料品も品切れ・・・。ソ連崩壊の暮らしの貧しさへの恐れ。
でも、新しいエネルギーを日本は作る事が出来ないか?原発ばかりではない、地域の特色あるエネルギーを・・
食料輸入の大半を占める家畜飼料に代わるものを作れないか?新しい家畜飼料を栽培し、食料残渣から作れるはず。
こんな努力を前提にすれば日本の暮らしを閉じたままにはできるはず。それが出来ないならアメリカに続くしかない。まさにTPPは日本の形を決める
明日は午前10時から中曽根弘文さんが国会の質問に立つ。私は委員会中ですが録画をすることにする。教育・・・国の形を説いてください。
母親に抱きしめてもらえる子供をもっとたくさん作ること。そんな日本を目指してほしい。
画像は近くの公民館に貼ってあった標語
「ママからね ぎゅっとされるとうれしいな。」


里親の会のささやかな願い。

昨日は党の政務調査があり、各部からの新年度予算への編成方針についての意見交換会が行われました。予算案とは行政の形を数字で表したものです。その項目も重要なものだと思いますが、一番印象に残る議論は「里親の会」への補助の増額を願う内容について言及したものです。
・発言者は南波和憲さん。
・中身は里親の方が養育する際の支援
・予算は50万円
保護者のいない児童、虐待を受ける児童、などの18歳までの子供たちが
児童養護施設などに暮らしています。500人ほどです。
そのうちの48人の子供が里親によって養育されています。
子供が大学に進学する際の支度金など制度に乗らない支出の大半が
里親の善意によって賄われている現実を見れば、この程度の支援増額はあるべきでしょう。以前私は里親の会の方々との話し合いを持りました。
わが子と同様に愛情を注ぐ方々の善意に触れて感謝で一杯でした。
多くの里子が傷ついた心で里親に預けられ、愛情によって社会へ巣立っていく。そんな情景に自分の心も洗われました。
南波さんの意見ではここ数年、の要望へ県は応えてこなかったこと。
毎年、毎年、里親の会からの願い出が繰り返されていること。
政治とは人々の情に応えることだと私は思います。


まるで群馬県立アンテナショップ。自己犠牲を思う。





伊勢崎の友人とバスで東京。伊勢が浜部屋の新年会に参加してきた。
この相撲部屋の後援会長さんは私の伊勢崎の後援会長さん
私と伊勢が浜部屋親方は同じ人が親父さんです。
この部屋は日馬富士さんの部屋です。
ここには北群馬郡吉岡出身の聡ノ富士も頑張っています。
しばらくぶりのバス旅行。
皆さんは、バス後部のサロンで缶ちゅうハイを開ける瞬間、
旅が始まるとかんじませんか?
飲んで笑って語る時間は楽しいですね。
途中の関越自動車道の三芳パーキングのトイレ休憩で、
群馬のアンテナショップ状態になっているブースを発見。
思わず携帯のカメラで記録してきました。
20坪くらいの売り場に、びっしり群馬の食品、
ドリンクの冷蔵棚にある牛乳からヨーグルトなど
全部ぐんま。
JH(道路公団)の売店に出展した群馬の産地直販店の経営とのこと。
前橋にもある「食の駅」さん。
群馬県の農家の売り場が、関越のパーキングに出現したことになる。
銀座の「ぐんまちゃんの家」とは一味違う「群馬県アンテナショップの民間版)だと感じた。
さて、都内で開かれた伊勢が浜のお祝いも賑やか。
大関日馬富士○○○○●●○○●○●●○●● 8勝7敗でカド番脱出。
皆に肩をたたかれ祝福を受けていた。
安馬関のしこ名時代に彼と幾度か伊勢崎の宴会が一緒になったが、
ニコヤカでお酒が好きな青年です。ファンサービスで歌も歌ってくれたり、
知事選挙にはまた応援に行きますね・・・なんて冗談も言える人物です。
来場所もご健闘を祈っています
帰りの道中はもっぱら政治の話。
与謝野馨さんは批判を覚悟で死に場所を選んだのでは?
とのテーマで1時間が経ちました。
その後の話題は項目だけ書くと右翼的なイメージになります。
政治家の覚悟と死に方
浅沼稲次郎さん暗殺
太宰治の自殺と三島の最後の違い
つまりは自己犠牲についての話です。
自己犠牲と自己優先の選択のジレンマを誰もがいつも感じる筈。
最後の言葉は「真のエリートは愛国者たれ。」です。
ところが私は、愛国者と戦争を別のものと考えています。
愛国者とは戦争を憎むものだということです。
軍神岩佐直治さんは自己犠牲を厭わない愛国者であると思います。
しかし戦争を反対する愛国もあるはずです。
ブッシュのイラク戦争開戦をパウエルさんは反対したと映画“ブッシュ”は描いています。
太平洋戦争の無謀さ、護衛もなしで出撃する戦艦大和。
判断する能力を失っている戦争指導者によって死を強制された多くの日本人。
自己犠牲という犬死を迫られたと思えないでしょうか。
いま、日本人はその時と同じように、判断する事が出来ない政治指導者によって
同じように、自己犠牲を強いられているのではないでしょうか
一年間に自殺する3万の戦死者を出しながら、崩れていく。
あゝをとうとよ、君を泣く、 君死にたまふことなかれ。
末に生まれし君なれば 親のなさけはまさりしも。
親は刃をにぎらせて 人を殺せとをしへしや。
人を殺して死ねよとて 二十四までをそだてしや。
君死にたまふことなかれ、 すめらみことは、争ひに思い舞う。
おほみづからは出でまさね、かたみに人の血を流し
獣の道に死ねよとは、 死ぬるを人のほまれとは。
大みこゝろの深ければ もとよりいかで思されむ。


GDP

 中国が2010年の国内総生産(GDP)の規模で日本を抜き、世界2位の経済大国になることが確実になった。 中国政府が20日に発表した速報で、昨年の実質成長率が10・3%を記録し、名目GDPが39兆7983億元(約5兆8790億ドル)に達した。 日本は1968年以来、米国に次ぐ2位を42年間守ってきた。しかし、バブル経済崩壊後の長期低迷が響き、ついにその座を明け渡すことになった。歴史的な日中逆転であるとマスコミは論調しています。「このままじゃ終わらない。」と中国の沿海部都市で雑居アパートに暮らしながら働く出稼ぎ労働者が語るニュース映像を見たことがあります。それを中国国民のハングリー精神と捉えるか?それとも競争に追われる社会と見るか?で今回の「GDP3位転落。」の意味が大きく違ってくると考えます。
一方「韓国ではサムソンはじめ3大財閥がDGPの30%を占めている。日本もTPPを締結して・・・」との論調もあります。
どちらの考え方もGDPの大きさが国力であるとの認識が土台にあります。そのような狭義の解釈では、病気などの理由で経済活動や労働できない人々は国の生産性に貢献しないと捉えられます。だから数字では表わせない国の力を探す時期ではと思うのです。数字ではない幸せ、優しさ・・・の暮らしの質を尊ぶ精神性。
それが中国より早く高度成長を成し遂げた先輩としての日本の責任や余裕ではないか?と思うのです。
「人を踏みつけて儲けることが人生の幸福じゃないぜ!分け合って支えあって行こう。」と気楽にいきましょう。


FM前橋 

前橋にコミュニティーFM開局とのこと
84.5を明日は聞いてみよう。
番組表を貰ったが、前橋の小中学校の放送部委託番組もあるとのこと
楽しみです・・・
それにどんどん、政治ネタも頼むよ
行政への提言機能もJCも関わって発信してほしいものです
それに選挙の公開討論会も主催ください。
今日の前橋青年会議所の新年行事における祝辞が長かった。
乾杯まで1時間。テーブルの参加者から長い~のため息。
他人様の集いにお祝いに伺っているのですから。、せいぜい2分でしょう。
もっとも伝えたい主張があるなら、街頭演説してください。
(スピーカーズ コーナー見たいな政治家の常設演説会場を作りましょう。〉


与謝野さんのこと。

与謝野馨さん。
覚悟の政権入りでしょう。あえて死に場所を求めたかもしれない。
否定的な論評もあるが、私は国家を考えた行動であると信じています。
その結果を期待しています。
民主党が良いとは思わない。
しかし民主党に日本を踏みにじってほしいと思いません。
政権政党がダメなら日本がダメになるのですから、
それを望む自民党であってはなりません。
一点、疑問があるとすれば、比例復活の身分です。
与謝野さん、中山恭子さんなど比例議席の議員の他党への転籍です。
民主党が閣僚として処遇するなら、民間人閣僚でいいのではないでしょうか。
ともあれ、彼に期待します。
ふわふわした民主党に自民党の政策中枢にいた人材がキチンとした背骨を成してくれると信じます。それが不可能なら彼は政治生命を自ら絶つでしょう。


心に浮かんだことば。

私の周りには他人を踏みつける人はいない。
私の周りには社会を支える事を厭う人はいない。
私の周りにいる一人一人は愛と友情を社会にささげた人たちです。
正義を貫く魂 正義は挫けない、諦めない、そして犠牲を厭わない。
私たちは一度は敗れた。
谷川、御巣鷹山、渡良瀬川に囲まれたふるさとに正義の旗を掲げる戦いに。
権力の暴走によって踏みつけられる命を救うために、
誰からも励まされることなく、社会に絶望した(ている)人へ夢を送ろうと、私たちは立ち上がり、戦い、そして敗れ、しかし敗れたのちも支え合う仲間たちと共に「約束の地」へ向かって歩んでまいりました。
しかし今、旅を回り道しなければなりません。
私たちの正義を必要とする人がいます。
約束の地への旅の途中、正義の旗を掲げて挑むべき悪と出逢いました。
この巡り合わせこそ私の運命、そしてこの運命を感謝致したく存じます。
漫然と日々を送るのではなく、暮らしの中で、正義の旗を打ち振る戦い、一人の市民としての厳しい戦いに巡りあったのです
止めておけ。順風の道を歩め。
止めておけ。私たちの夢はここにはない。
止めておけ。ここで敗れれば全てが終わるぞ。
その思いは痛いほど判ります。
その心情にお詫びします。
危険な回り道(遠回り)と承知です。
しかし私たちは見捨ててはいけない。
今、私の前には悪意に踏みつけられる人々が溢れています。
政治の不信によってバラバラになった暮らしが満ち満ちています。
格差の底で見捨てられた人。
権力の怠慢によって希望を奪われた人がいます。
皆さんに謝りたい。
約束の地への途中、私はこの町で救いを待つ人のために戦います。
生きる全ての人に希望や夢が必要です。
頑張れば明日は今日より少し良くなる。
働けば明日は今日より少し良くなる。
学べば明日は今日より少し良くなる。
夢を持つこと事すら奪われた人に、明日のために生きる力はありません。
私は4年前申し上げました。
たとえ砂漠の果てであろうと
険しい岩山の頂であろうと
荒れ狂う波のかなたであろうと
私たちの正義を待つ人がいるなら進む。
そして私たち夫婦の人生を社会にささげると・・・。
それでも友はいう。
止めておけ!! 危険だ!!
しかし悪意の権力を、悪意の砦を放ってはおけません。
路に捨てられる人を見捨てられません。
正義の殿堂を取り戻す。納得と公平と正義の殿堂を取り戻す。
危険な道は覚悟しております。
私を不器用な男と笑うでしょうか。
山本龍のこの不思議な生き方が、
皆、好きだから今まで一緒に歩んできてくれたはず。
私たちは一人では歩いて行けない。
私たちは正義に結ばれて歩みましょう。
私たちはともに立ち上がり、
ともに戦い、ともに喜び、ともに泣く。
病気の子をもつ母の手へ
職を失った父の背中へ
長生きを後悔している一人暮らしの老人へ
いじめられ馬鹿にされ、不登校に苦しみ子供たちへ
貧しさゆえに進学をあきらめる高校生へ
裏通りに屯する絶望の若者へ
田畑の秋の実りを獣に食い荒らされて途方に暮れる人へ
蓄えを失い家族の暮らしを案ずる人へ
私たちはともに立ち上がり
ともに戦い、ともに喜び、ともに泣く。
私たちは一人ではありません。


松田選手。残念!

◆松田直樹選手の松本山雅FC入団の報道が入る
ザスパ球団との交渉を見守っていたが残念です
一番悔しいのは、天然芝の練習会場がなかなか確保できないザスパの課題が
松田選手のひざの健康管理上の障害となったこと。
アルウィンとザスパのジプシーのような練習場を見ても自治体の意識の高さの差が明白です。
この問題を解決しない限り、松田選手のような故郷出身の選手の
受け皿にはなれないです。
ちなみに→http://alwin.org/index.php
◆公募候補も含め、新人候補の支援は私の総務会としての役割ですが
其々の候補ごとに熟度の差があります。全体の底上げ?が必要です。