比例区候補は看護婦さん

◆看護婦さん比例区候補が群馬県を遊説した。
私も同行する。赤堀で桐生のメンバーから引き継ぎ
高崎の支援者へ引き渡すまでの2時間。
46歳の女性候補者がこの群馬県について感じる思いを
少しでも良いものにしたいと私は考えました。
車中で群馬の印象を尋ねる間もなく
応援のマイクをもって私はアナウンスをしました。
17日間の選挙期間、全国を回り、自分の思いを訴える彼女は
とても頼もしい女性でした。
彼女は国会どころかその先へ必ず行くだろう
病に苦しむ人たちの傍らへ、金がなくて医者へ行けない社会の隅っこの厳しい暮らしの現場へ、彼女の看護婦さんとしての使命感が彼女の翼を与えるだろう。
◆ポスターの貼り替えに出たら大雨
他人から促されてから行動するとか、ましてや選管や警察の注意されて対処するのでは手遅れの場合もあります。公示の日以来、私たちもポスターの貼り替えを行っております。自らを律っする事(自分も出来ない事を相手にそれを求める事は理不尽)であります。
◆この雨は大丈夫なのか
すごい雨になったです。このままでは河川や山林に災害が発生しなければいいが。