素敵な緑のカーテンに成長しました。


毎日の水やりなど、しんどかったですが
おかげできれいな緑のカーテンに成長してくれました。
来年は、この勉強を忘れずにもう少し大きなカーテンにしましょう。
でも思い返せば、小さな苗からよく大きくなりました。
ネットも重さに耐えられず、フックがとれて剥がれることも 何十回。
手間がかかった分、花の美しさに喜んでいます。
たくさんの方のアドバイスに感謝します。
りゅう


モンゴル

1000年の時間が混在する大地
視察と言えば我々の先を行く先進地を見ると思っていた。
つまり我々の未来を見ることだけが視察に意味だと。
そして良き未来なら、そうなるように学び
悪しき未来なら、そうにならないように学ぶ。
モンゴルには、我々の未来はなかった。あったのは我々が失った過去だった。
私は一枚の絵を土産に持ち帰った。そこには
馬に乗った遊牧民の親子が、我が家のゲルに帰った姿を描かれていた。
牛や羊やヤギの群れを草地から我が家に連れ帰った瞬間なのだと思った。
私たちは、この家族の連帯とゆっくりとした時間の流れを失ったのだと感じた。
そして、ウランバートルの町には富を追う、ちょっと前の日本の姿があった。
1000年も昔の日本と、ちょっと前に日本。
この時代が同時に混在するモンゴルに私はたくさんのことを学んだ。
多くの企業や農家、遊牧民、道や市場でたくさんの人に出会った。農業や工業、建設、精肉、流通の仕事を垣間見た。モンゴルの暮らしのすべてに非効率と低生産性を感じる。
日本人なら、自分自身の職業を持つ日本人は、同じ分野の職業を見れば誰も「日本の仕組みや機械を使えばもっと良い製品をつくる、もっとコストを減らせる経営ができる。何でこれを使わないのだろう。」と思うことだろう。
モンゴルには、私たちは使い方を知っている。しかしモンゴル人の使わない資源が沢山ある。
特に乳資源は活用されないまま眠っている。
搾乳機・フリ-ストール方式・子牛に脱脂粉乳を与えること・牛の耳標による出産管理も行われていなかった。
遊牧民と同様に自然の中で、1000年前と同じように家畜たちも生きている。
転々と移動しながら、草原の自生した草だけを食べて、逞しい家畜たち
(これだけ家畜がいるのに1リットル200円の牛乳パック。しかも多くがロシアからの輸入。資源の活用がないからだろう。
一方1リットルの乳価が70円の酪農家見学した。カナダ産ジャージー種の人工授精牛やアメリカ製コンバイン、日本の酪農家の乳価と遜色ない値段だ。餌はすべて自前の草と自前の小麦。これで70円/リットルはすごい高付加価値商売もある。輸入のえさ代に苦しむ群馬の酪農家が聞けば羨むことだろう。)
ウランバートルでは、収集できないまま、風に乗って舞う飛ぶビニール袋。このゴミを政府は埋め立て処分するらしい。リサイクルをする気配はない。これも使われない資源。
石炭火力発電の煙突から、黒い黒煙が空を横切っている。風下に入るとはっきりと炭焼き小屋のような匂いがする。
煤煙除去を知っていてもしない。
何か、もったいないことばかりだ。
でも一つだけ機能していることにであった。政府の貧困対策だ。
NHKの報道で見た「零下30度の中、マンホールに暮らす少年たち」に今回は出会うことはなかった。
政府の力がついてきたのだろう。ほっとする。最低の貧困は減少してきたのだろう。
しかし4輪駆動のベンツがこの国の貧困を際立たせることも事実だ。
豊かな者の子供たちは、高度な教育を独占して、もっと豊かになっていく。
豊かな者と貧しい者が離れていく事が明確に感じる。
貧しくても努力は報われるチャンスが日本には在る。
富める者と貧しき者の差を近付ける社会システムだ。
ここまで書いてきたこと全く反対にことを感じる。
私は、ゲルに暮らす遊牧民が貧しく、ベンツに乗る人が豊かだと書いてきた。
ウランバートルでであった小麦の大農場主やクズ鉄から粗悪な鋼材を作る業者、鉱山の開発業者
が豊かで、ゲルの脇で羊の肉を煮込みながら家族と過ごす遊牧民が貧しいという考えは間違いではないか。現代の日本人の勝手な思い込みかも知れない。
冒頭、書いたように、我々の失った、時間と連帯を持っている遊牧の民は貧しさに泣いているのか。
モンゴル滞在中、たくさんの視察先に立ち寄った。忙しい旅程でも不思議に私はリラックスしていた。
そこにある時間の流れが私の脳に「休め!」の信号を送ってくれた。
真っ暗な草地に寝転んで、見上げる天の河と星たち。
川辺で石を拾い、その形から動物を連想する。
車を降りて、仲間とはるかに見える小麦畑を目指して歩く。
朝、ジョギングすると牧羊犬が一緒に走ってくれる。
小さな花たちで埋め尽くされた丘の上で馬乳酒のお替り。
夕食の仲間との語らい。
あー。この地でこの人たちの暮らしをもっと感じていたいと思った。
たとえば一本ののこぎりを与えることで、彼らの暮らしを少しだけ楽にする。そんな手伝いをできることを夢見る。
チェーンソーではだめだ。生産性の急激な上昇が彼らの社会システムを壊してしなうような気がする。
モンゴルにあるのは、我々の失った時間の流れを超越した精神性なのだ。
これを破壊すれば、二度と手に入れることはできない。
現代人の思い込みを捨てて、この社会を尊敬しながら、少しだけ役に立つ。そんなことが私にできれば幸いだ。


道州制勉強会のご案内。

ズバリ道州制でこう変わる!
内閣道州制ビジョン懇談会座長 江口克彦氏を
囲んでの勉強会が以下に開催されます。
私は道州制によって
「国会議員と国家公務員を半減」「国税廃止」
だって可能だと考えています。
この数年、地方の自治体は中央政府の負担を押し付けられてきました。
このままでは住民の暮らしは守れません。
国家の存在を否定するのではなく、中央政府と地方政府の役割の分担を考えるのです。
無策、無駄の住民監視ができないくらい巨大な中央政治から、住民の目の届くふるさと自治体へ
重心を移すべきです。
もちろん防衛や憲法まで地方に任せろとは言いませんが
せめて住民に直結する権限、そして課税権は地方へ任せてほしいものです。
つまり道州制は地方の独立を勝ち取るための最良の手段であると思います。
「道州制」について学んでまいりたいと考えます。
りゅう
              記
日   時    2008年 9月28日(日) 14時~17時
会   場    前橋プラザ元気21 1Fにぎわい広場
参 加 費    1000円
江口克彦氏講演会 地域主権型道州制 = 新しい国のかたち
14:00~15:30 江口克彦氏講演
15:30~17:00 江口さんを交えてフリーディスカッション
主催:道州制を考える群馬ネットワーク
問い合わせ:027-219-1005(山本龍事務所) 


妻へ「ありがとう。」

―――――――――――――――――――――――—————————————
□■ 本日誕生日のマイミクシィ
 マイミクシィに今日が誕生日の方がいます。
 日頃の感謝をこめて、お祝いのメッセージを贈られることをおすすめします!
■名 前 : ソフィー さん (女性) 44歳
——————————————————————————————————————-
とのメイルがありました。長い怠慢のおかげで、今日は朝から一心不乱に書類整理や
電話連絡に追われている中、ふとメイルボックスに覚えのある名前を発見。
ソフィーさん?????
今日が誕生日の44歳の女性・・・
・・・・
妻でした。
あわてて電話。
「誕生日。おめでとう。食事に行きましょう。」
「もう作ってあるから、帰ってきて。」
ああ俺は馬鹿です。ごめんなさい。


和太鼓の三兄弟“はやて”コンサートのお知らせ

コンサートのお知らせ
主催 食の駅・ファームドー
日時 8月24日 
昼の部  定員200  14;10~15:30大人3000円 ランチは12:30~13:40の間で1500円 *中学生以下無料
夜の部  定員100  ドリンク付き 3500円 ディナー付き5500円 ガーデンディナー付き6800円 ディナーは17:30~18:40の間で*中学生以下半額
  
地産地消のおいしい野菜で有名な「食の駅」さんが提供するコンサートです。
コーヂナーターは県内で良質な音楽イベントを提案している佐藤とし子。
しかも、入場料にアフリカへの医療支援募金付きとの面白い企画です。
は・や・と三兄弟も食の駅の経営者もスーダンの難民支援を応援することに
頑張っているかららしいですです。


書き込みの怠慢、お詫びしたします。

夏の太陽を恨めしく思いながらも少しだけ季節の移ろいを感じます。
地球の自転軸が傾いていることを実感です。
さて4日から11日までのモンゴル視察、お盆の家業の手伝いなど、書き込み怠慢をお詫び申しあげます。
モンゴル視察報告や、家業の草津温泉で両親の営むリネンクリーニングの手伝いのことなど、政治活動以外の報告も夜の勉強の合間に書いてみますのでお楽しみに。
                             
明日は安孫子哲君を励ますゴルフコンペです。
100前後のゴルファーですから、あまり楽しみではありませんが
仲間と山の草を踏みながら、時間を過ごすことは楽しいことです。
行ってきます!
りゅう
長くお世話になった大阪のサーバー管理会社より
群馬の関越ネットにかわりました。地元のITインフラを応援するためにも
皆さん、地元のプラバイダーやサーバー管理会社を選びましょう。


群馬県知事は道州制審議会で何を発言するか?

地域主権型道州制 勉強会ご案内
これぞ究極の道州制であると私の確信する主張に出会った。
先の知事選挙では、道州制への賛同を表明する候補は私だけだった。
現政権も「道州制への研究組織」を県庁内に立ち上げたように
対応するべき大きな制度変更であるはずだ。
何故に、選挙公約において、道州制への議論を行うことをためらったのでしょうか?
「制度変更」との言葉以上に、国の形の変更であり、知事を目指すものとして明確なビジョンを持っているべきことです。
当事者である県の責任者として、「道州制は議論の途中であり候補者として取り上げるテーマではない。」とのスタンスは
ただの怠慢であり、仮に反対なら、道州制のこの点が問題あると主張するべきだったでしょう。
さらには、道州制への自らの理想を持たなければ群馬県地域にとってより良い道州制を国へ働きかけるアクションも起こせないはずです。
 確かに、反対の意見にも出会う。中之条町長入内島さんも「国が勝手に決める道州制は、霞が関の都合優先。地方の自立につながるのか?」との意見を述べていた。私は「その自立のための一歩が道州制であり、その向こうを信じて行こう。」と答えた。
彼の気持ちも実は同感に思うこともある。「歳入と歳出を含め自治の裁量権さえあれば、小さな自治体も努力と知恵で再生できる。」との希望を常に霞が関の都合で打ち砕かれてきたやる気のある首長の気持ちは否定できない。
でも明治から、いや律令時代から続く支配の形を変えることで、日本の形を変えられると期待したいのです。
道州制の理想を思ううちに、これぞ究極の道州制であると私の確信する主張に出会った。
それが『地域主権型道州制 日本の新しい国のかたち』との一冊の主張である。
著者は江口克彦さん
・中央集権の限界
・国会議員と国家公務員を半減
・そして霞が関と永田町の呪縛から解き放たれた地方自治体がその地ごとに輝きだす道筋を示してくれた。
それでも都市と地方。地方と地方の格差は存在するだろう。しかし自由の格差は消滅する。そして輝くために努力する町や村の人々の姿が見える。
政府は道州制の制度設計を地方の代表を交えて始めるであろうが
群馬県の知事はそこで何を主張するのであろうか。
ps
友人たちと道州制勉強会を江口克彦氏を招いて開催を企画中です
詳細が固まれば、ウェブにて広報いたします。


文化支援NPO、活動開始です。

NPO法人「特定非営利活動法人 文化交流ネットワーク群馬」がイヨイヨ起動しました。草の根の音楽・美術・演劇から朗読のイベントなどなど、群馬のいたるところでたくさんの企画が行われているけれど、広告の資金もなく、チケットを売るすべもなく苦労している文化の担い手たちを少しでも応援できればいいなと思っています。
イベントの告知するウェブページ、コンサートや絵画展などの情報をほしい方へのメイル配信、チケットの販売応援、演奏家などの紹介など、あくまで無償で行うNPO活動です。“あなたのイベントちょっと応援。素敵な文化に出会える場所です。”を目指します。詳しくはhttp://cuenet.info/です。でも正式な公開開始は9月1日ですから。まだまだ情報不足です。
この際、自分のコンサートや、絵画展など宣伝したい方は私まで情報下さい。あるいは、このウェブの中に『支援依頼』のページがあります。ここからの情報提供も可能です。ただし花火大会や、政治の集会は文化的位置づけのできない情報は取り扱えません。〈笑〉自分の学習会も十分に文化的な意味があると思うのですが、自制します。
本当に群馬のあちこちで頑張る人たちがいると思います。沼田地区のボランティア団体の情報紙「ごったく広場」に
観劇の案内が載っていました。その備考に主催者から一言があり
「沼田演劇を見る会は存亡の危機にあります。年に一回でも続けられるように検討中です。大勢の皆さんに見ていただくと可能性が出てまいります。」と書かれていました。
このような企画が無くなっていく。それこそ地域の活力が奪われることではないかと思います。
今日の日記の最後に紹介させてもらいます。
劇団民芸+無名塾公演「ドライビング ミス デイジー」(作アルフレッド・ウィリー 約演出 丹野郁弓 出演 奈良岡朋子 仲代達也)で
日時 8月26日火曜日 午後7時開演
場所 利根沼田文化会館
指定席6000円
自由席5000円
問合せ先
0278-23-2917沼田演劇を見る会まで
映画お宅の山本龍はもちろん映画では見たことのある作品です。
でも演劇で行うことは知りませんでした。
しかも、利根沼田で・・・
頑張っている文化の担い手が、継続できるように皆に観劇をお勧めします。
仲代達也は目の力のある役者です。
特に「切腹」の浪人役が忘れられません。草の丘での決闘シーン。うすくらい場面の中で彼の眼だけがクッキリ浮き出たシーンは必見です。