雪 谷川

匠に里周辺を歩いた。
携帯に新聞社からの取材電話。長電話になったので待ちくだびれた同行の仲間がデジカメで・・・
ここは同じ山間の集落だが吾妻と雰囲気が少し違う。吾妻町の坂上か中之条の伊参ならこんな風景がある。それでも山の形、畑の色、蔵の白さ。誰かに指揮されているようだ。何よりも屏風の谷川が違う。
今、毎日歩いている。気持ちがいい。歩き、話し、聞く。
これが1年間の群馬行脚。でも新しい群馬行脚が出来ればいい。