群馬県知事選挙 候補出馬で構図が決まった

以下、新聞記事から3題
========================================================
『知事選 大澤氏がきょう出馬表明』(産経新聞 11月6日)
 自民党県連の前幹事長で県議会議長の大澤正明氏(60)=新田郡区、4期目=は6日午後に記者会見を開き、次期知事選への出馬を正式表明する。これに先立ち、県連幹部は県議団総会を開き、大澤氏の擁立に理解を求め、了承される見込み。大澤氏は産経新聞社の取材に対し、「県連の意向に従う」と述べた。<以下略>
http://www.sankei.co.jp/local/gunma/061106/gnm000.htm
『知事選 大澤県議出馬へ 「現職、多選で独裁化」』(産経新聞 11月4日)
http://www.sankei.co.jp/local/gunma/061104/gnm000.htm
『知事選 争点にGKA問題浮上か』(産経新聞 11月5日)
http://www.sankei.co.jp/local/gunma/061105/gnm002.htm
以上。
これで来年夏の知事選挙の構図が固まった。投票の選択肢を広げる事は既に私も寄与できた。これからは公開討論などで政策の差など、投票選択の情報をより多く有権者へ提供する事が被選挙人側の義務であろう。