片品の紅葉

今日から本格的に遊説開始。
もみじの片品は多くの観光のお客さんで賑やかです。吹割の滝の駐車場では他県ナンバーの車から手を振られる。まだまだこの沼田利根では、名前と顔を覚えてもらうまでには少々の時間が必要だろう。
どこにでも出会いはある。既に遊説中に声を掛けられた方々から、事務所へ応援の申し入れがあったとの事。歩く前は、密林のジャングルだが、一ヶ月たつと振り返れば道が出来ている。
P.S やはり寒さが衣服の布地を通して感じる。妻にスキー用のアンダーウェアーを送って貰おう。寒いのは慣れているし、好きだ。11月の利根を選んだのは暑いときは館林、太田で。寒いときは、その寒さを感じるところで。その土地を感じるのは、それがいい。